仕事で能力不足による限界を感じたら?

仕事で能力不足による限界を感じた場合にどうするか?

仕事で能力不足による限界を感じた場合にどうするのか?
そんなことを考えた人も多いと思います。
実際に自分の成長期を過ぎた人は能力が上がるスピードに不安がある人もいるみたいです。
成長スピードよりも周りのスピードが早くなった場合には仕事の能力が追いつかなくなって辛い状況に陥ることもあります。

自分の能力の限界を感じた時にはどのような選択肢があるか?

自分の能力の限界を感じた時にはどのような選択肢があるのでしょうか?
そろそろ自分の能力の限界とはどのような状況でしょうか?
よく聞く話がだいたい仕事の能力不足を感じるのは30代から40代であると言われています。
この年代になると自分の能力の成長が鈍る人が多いため自分の能力の限界を感じてしまうことがあるみたいです。

能力不足を感じた場合は自主退職もあり?

能力不足を感じた場合は自主退職もありだと思います。
スキルアップが許される時間や自分の能力の伸びしろがある場合はその限りでありませんが、そのような時間がない状況であれば自らの意思でやめることもあるかと思います。
マイナスに考える退職ではなく、例えば次のステップアップまでの時間を稼ぐという考えでもいいと思います。
現時点では自分の能力不足で辞めるという判断をしたと思いますが、スキルアップしてより良い職場に入るという考えでやればプラスの行動であると言えます。

仕事の能力不足で辛い状態を我慢しているとうつになる可能性もある

仕事で能力が不足して仕事が追いつかない。
そんな状況で何とかしようと努力をして我慢をしていた場合、上手くいけばいいですがうまくいかなった場合は、最悪の場合うつを発症する可能性もあります。
このような症状が起きやすいのがだいたい30から40代の働き盛りの人に多いと言われています。

 

サイトマップ